JA

八幡美咲

八幡 美咲(やはた みさき、1995年1月23日[2] – )は、広島ホームテレビのアナウンサー。熊本市[1]出身。 やはた みさき 八幡 美咲 プロフィール 出身地 日本熊本市[1] 生年月日 (1995-01-23) 1995年1月23日(26歳) 血液型 A型 最終学歴 早稲田大学 勤務局 広島ホームテレビ 部署 アナウンス部 職歴 くまもと県民テレビ(2018年4月 – 2020年3月)広島ホームテレビ(2020年4月 – ) 活動期間 2018年4月 – 配偶者 なし 公式サイト 広島ホームテレビによる八幡美咲プロフィール 担当番組・活動 出演中 『みみよりライブ 5up!』『ひろしま深掘りライブ フロントドア』 アナウンサー: テンプレート – カテゴリ . . . 八幡美咲 . . . 熊本市に生まれる。 真和中学校・高等学校(48期)・早稲田大学政治経済学部[6][7]卒。 大学時代には芸能活動を行っていたこともあるという[要出典]。 […]

Continue Reading
JA

山本涼介

山本 涼介(やまもと りょうすけ、1995年5月15日 – )は、日本の俳優・ファッションモデル。奈良県出身。研音所属。堀越高等学校卒業。 「山田涼介」とは異なります。 やまもと りょうすけ山本 涼介 本名 山本 涼介 生年月日 (1995-05-15) 1995年5月15日(26歳) 出生地 日本・奈良県 身長 185 cm[1] 血液型 O型 職業 俳優、ファッションモデル ジャンル テレビドラマ、映画 活動期間 2009年 – 事務所 研音 公式サイト 山本涼介オフィシャルウェブサイト 主な作品 テレビドラマ『仮面ライダーゴースト』『御曹司ボーイズ』 テンプレートを表示 . . . 山本涼介 . . . 小学校から中学校までずっとサッカー部に所属してゴールキーパーをやっていた。子供の頃の夢はプロサッカー選手であり、中学のときには奈良県の代表選手にも選ばれていた[2]。また奈良の県大会で優勝した経験もある[3]。 2009年、中学2年(当時14歳)の時に母が応募した三菱鉛筆「スタイルフィットボーイ・コンテスト」で、約1500人の中から優勝。自動的に「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリストとなった。当時の身長は183cm[4][5][6]。 所属事務所である研音のプロジェクトである「研音肉体改造部」のメンバーの一人であり、2012年より所属メンバーによるイベント「MEN-ON STYLE」に出演している。 2013年の夏、フジテレビのイベント「お台場合衆国2013」で結成された8人組ユニット「ミストマン8(エイト)」に、全国オーディションで選ばれ、オレンジ担当として参加した[7][8][9]。 2014年、第29回「メンズノンノモデル」オーディションに合格。2000通に迫る応募から3人が選ばれ、専属モデルとなった(「MEN’S NON-NO」2014年10月号で発表)[10]。 2015年10月から2016年9月までに放送された、『仮面ライダーゴースト』にて深海マコト / 仮面ライダースペクター 役でレギュラー出演[11]。 2020年5月9日発売の『MEN’S […]

Continue Reading
JA

アーマライト

アーマライト(英: ArmaLite)は、元々航空機メーカーのフェアチャイルドの銃器開発部門であり、20世紀の小火器史において最も大きな影響を与えた企業の一つに数えられている。[誰によって?] この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。(2019年9月) 1954年10月1日に創業したアーマライトは現在世界で使用されているM16やM4等の多くの歩兵用ライフル銃の礎を築いた。現在アーマライトはイリノイ州ゲネセオに本拠を置く。 . . . アーマライト . . . アーマライトは設立直後に.22口径の自衛用火器AR-5を発表し、大きな成功を収める。このAR-5はアメリカ空軍にMA-1サバイバルライフルとして制式採用された。また民間用の自衛火器として.22口径(.22LR弾を使用)のAR-7を開発する。セミオートマチックのAR-7の大きな特徴は、銃を分解した後パーツをストックにしまうことができる点である。更に銃本体は合金製でありながら、ストックはプラスチック製であり、組み立てた状態であっても、ストック内に部品を収納した状態であっても水に浮かせることができる。1950年後半に発売されて以降様々な企業によって派生型が開発・製造され、現在もAR-7は人気を博しておりその製造にはヘンリー・リピーティングアームズが従事している。 アーマライトの代表作AR-10 1954年に後のM16シリーズの生みの親であるユージン・ストーナーがアーマライトの技術責任者に任命される。ストーナーは第二次世界大戦中海兵隊員であり、銃器に精通していた。彼は7.62mm口径のAR-10を開発し、1955年にM1ガーランドの後継銃の選定を行っていたアメリカ軍に候補としてトライアルに参加させた。トライアルではM1ガーランドの発展版であるM14、FN社によるFN FALとAR-10による三つ巴の争いとなった。しかしAR-10はストーナーの反対を会社上層部が押し切って採用されたアルミ合金製銃身の耐久性不足からトライアルから落第してしまう。なおこのトライアルではFN FALも落選し、一部では最初からM14が制式採用されることが決定していたのではないかと言われた。 アーマライトはその後AR-10を5.56mm口径へ小口径化させてAR-15を開発する。これは当時大火力のライフル銃よりも小口径の自衛用火器を装備する方が適していた将校、パイロット、戦闘車両運転手などに使用されていたM1カービンとの代替を狙って開発されたものである。後にAR-10とAR-15の製造ライセンスはコルト社に売却され、コルトAR-15は法執行機関向けのモデルと民間モデルを開発し、後に発射方式選択式のAR-15がアメリカ空軍に採用された。 M16はメンテナンス不良の際に実包が薬室に装填されず、ボルトが半開きのまま装填不良を起こすことがあった。そこでM16A1として改良されるにあたって、フォアードアシストノブと呼ばれるボルトを強制的に前へ押し出す装置を取り付けることと、薬室と銃身内にクロームメッキをほどこすことで、信頼性を向上させている。ベトナム戦争中では兵士はいつでもM16に注油ができるようにヘルメットバンドにガンオイルの小瓶を挿したり、頻繁に使用する必要のあるクリーニングキットをハンドガードにテープで留めていたりしたなどと言われている。これは頻発したジャミングに対処するためであったが、軍ではジャミングの原因は銃のメンテナンス不足ではなく、火薬が不適合であるからだと考えた。当時は予算の問題から値段の安い火薬が実包に使用されていた。またこの火薬の方が、射撃速度が速かった。軍の決定により実包の火薬が変更されたが、それによりAR-15はより頻繁にクリーニングを要するデリケートな武器となり、兵士達はM16を「Poodle Shooter」や「Jam A Matic」などと呼んで蔑んだ(これ以後のM16の歴史及び派生型に関してはM16を参照のこと)。 アーマライト初のショットガンAR-17を1964年に製造を開始している。 AR-18 AR-10とAR-15の製造ライセンスをコルトに売却したアーマライトには主力商品が残っていなかった。1963年にはコルトの持つライセンスに違反しない、新しいガスシステムを持つAR-15の”発展型”であるAR-18を開発した。AR-18のレシーバーは製造の安易なスチールプレス製であり、優れた軍用ライフルであったが、大きな販売契約を結ぶことはなかった。AR-18はアイルランド共和軍 (IRA) に採用され、「未亡人製造機 (widowmaker)」というあだ名をつけられた。現在イギリスで制式採用ライフル銃となっているL85はXL64を基にして開発されているが、このブルパップ式のXL64はアーマライトAR-18のブルパップ改造型が基になっている。またシンガポールのSAR-80やドイツのG36もAR-18の機構を踏襲している。 アーマライトはその短い歴史の中で多くの経営者の手を渡り歩いていき、1995年にイーグルアームズに買収された。今日ではアーマライトはAR-15やAR-10の派生型を積極的に開発販売する他、12.7x99mm NATO弾を使用する大口径スナイパーライフルなども開発している。またAR-24やAR-26といった拳銃の開発にも手をだしている。 現在アーマライトはスプリングフィールドやロックリバーアームズといったイリノイ州に本拠を置く銃器メーカーと協力してイリノイ州で提案されているアサルトウェポン(攻撃武器)禁止法に強く反対している。 . . . アーマライト . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部 このテキストは「クリエイティブ・コモンズ-帰属-継承」[1]の下でライセンスされており、一部のテキストは「GNU Free DocumentationLicense」[2]の条件の下でもライセンスされています。 メディアファイルには追加の条件が適用される場合があります。 このサイトを使用することにより、私たちの法律ページに同意したことになります. Webリンク: [1] [2] . . . アーマライト . . […]

Continue Reading
JA

天王寺公園

天王寺公園(てんのうじこうえん)は、大阪府大阪市天王寺区茶臼山町にある市立公園。 この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。(2016年8月) 天王寺公園 分類 動植物公園 所在地 日本 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 座標 北緯34度38分59.46秒東経135度30分40.003秒 面積 28.2ha 設備・遊具 植物温室、大阪市立美術館、慶沢園 駐車場 あり 告示 入園料:なし,休園日:なし テンプレートを表示 上町台地の西端に位置しており、総面積は約28万m2。園内には大阪市天王寺動物園や植物温室、大阪市立美術館、慶沢園を擁する大阪を代表する都市公園である。大阪市の広域避難場所に指定されている。かつては天王寺図書館や天王寺公会堂、野外音楽堂もあった。池上四郎第6代大阪市長の銅像が園内に建つ。 . . . 天王寺公園 . . . 1903年 第5回内国勧業博覧会が開かれる(第1会場が天王寺、第2会場が大浜)。 1906年 博覧会で美術館として使用された建物を関西大学が一時借用(新校舎建設のため)[1]。 1909年 会場跡地の東側を公園として整備し、「天王寺公園」が開園(通天閣を含む西側が新世界となった)。 1909年 大阪市電の天王寺公園前停留場が開業。 1913年 内国勧業博覧会で使用した集会施設を天王寺公園に移設し「天王寺公会堂」となる。同様に「勧業館」も大阪市が施設運営を引き継ぐ。 1913年 「明治記念拓殖博覧会」を開催。 明治記念拓殖博覧会 (台湾土人ノ住宅及其風俗) 1914年住友家の本邸が鰻谷から茶臼山に移転する。 1915年上野(東京)、岡崎(京都)に次いで国内3番目の大阪市天王寺動物園が開園。 1917年 内国勧業博覧会で使用した美術館を改装し「大阪市立市民博物館」として開館(大正天皇大典事業の一環)。 1918年 住友家本邸内に庭園「慶沢園」が完成。 1918年 大阪市電の天王寺公園南口停留場が開業。 1920年大阪市会が市立美術館の設立を議決。 1921年 住友家が美術館建設を条件に、茶臼山の本邸寄付を大阪市に打診。 1923年 「大阪市電開業20年交通博覧会」を開催。 1925年 […]

Continue Reading
JA

ソウル・ステーション

『ソウル・ステーション』 (Soul Station) は、ジャズのテナー・サックス奏者であるハンク・モブレーが、ブルーノート・レコードから1960年に発表したアルバム(カタログ番号:BLP 4031)。このアルバムに続いて発表された『ロール・コール』とともに、モブレーの最も有名なアルバムとなっている。 この項目では、ハンク・モブレーのアルバムについて説明しています。韓国の映画作品については「ソウル・ステーション/パンデミック」をご覧ください。 『ソウル・ステーション』 ハンク・モブレー の スタジオ・アルバム リリース 1960年10月上旬[1] 録音 1960年2月7日アメリカ合衆国ニュージャージー州イングルウッド・クリフスヴァン・ゲルダー・スタジオ ジャンル ジャズ、ハード・バップ 時間 37:23 レーベル Blue Note BST 84031 プロデュース アルフレッド・ライオン ハンク・モブレー アルバム 年表 Another Monday Night at Birdland(1959年) Soul Station(1960年) Roll Call](1960年) テンプレートを表示 専門評論家によるレビュー レビュー・スコア 出典 評価 Allmusic [2] The Rolling Stone Jazz Record Guide [3] . . . ソウル・ステーション […]

Continue Reading
JA

胡政之

胡 政之(こ せいし)は、中華民国のジャーナリスト・実業家・政治家。新聞の『大公報』、通信社の国聞通訊社において、記者・経営者の両面で活動した人物として知られる。名は霖だが、字の政之の方が一般に使われることが多い。筆名は冷観、静観。 胡政之 プロフィール 出生: 1889年(清光緒15年) 死去: 1949年(民国38年)4月14日中華民国上海市 出身地: 清四川省成都府華陽県 職業: 実業家・政治家・ジャーナリスト 各種表記 繁体字: 胡政之 簡体字: 胡政之 拼音: Hú Zhèngzhī ラテン字: Hu Cheng-chih 和名表記: こ せいし 発音転記: フー ヂョンヂー テンプレートを表示 . . . 胡政之 . . . 幼年時代は安徽省で官職に付いた父に付き従い、安慶高等学堂に入学した。父が安徽で病没すると胡政之はいったん帰郷し、1905年(光緒31年)に日本へ留学する。まず東京高等商業学校(現一橋大学)に入学し、続いて東京帝国大学で法律を学んだ。日本滞在期間中に中国同盟会に加入している。 1911年(宣統3年)に帰国すると最初は裁判官に任ぜられ、江蘇高等法院第2庭庭長となっている。民国成立後の1912年(民国元年)、上海で于右任が設立した民立図書公司に勤務し、『民立報』で記事を書いた。翌年、胡政之は張季鸞と共同で『大共和報』を創刊し、胡は総編輯に就任した。また、呉淞中国公学で法律を教授している。1915年(民国4年)、吉林省の法院で推事となり、まもなく吉林巡按使王揖唐の下で秘書長となる。以後、安徽派の一員として活動することになった。 1917年(民国6年)、安徽派の重鎮・徐樹錚の推薦を受け、胡政之は天津『大公報』の経理兼編輯に就任する。1919年(民国8年)からは欧州の報道事情視察に赴き、あわせてパリ講和会議を直接に取材・報道した唯一の中国人記者となった。1921年(民国10年)春に帰国すると『大公報』を離れ、北京の『新社会報』総編輯に転じた。 その後、胡政之は上海に移り、徐樹錚の紹介を経て安徽派の江蘇督軍盧永祥の資金援助を獲得し、国聞通訊社を創設している。胡は欧州視察で得た知識を下に国聞通訊社の組織・拡充に尽力し、中国国内各地に分社(支社)を置く国内最大の通信社とせしめた。胡は同時に自身でも記事を大量に執筆し、国内での声望はいよいよ高まった。 1924年(民国13年)8月、胡政之は中国国民党の葉楚傖・潘公展と協力して雑誌『国聞周報』を創刊した。翌1925年(民国14年)11月、天津『大公報』が不振のため停刊してしまい、同時期には国聞通訊社も経営的に苦境に陥っている。胡は葉らの支援を引き続き受け、国聞通訊社を天津に移す。 さらに1926年(民国15年)9月、胡は『大公報』を復刊にこぎつけ、経理兼副総編輯(総編輯は張季鸞)として実質的に経営面での最高指導者となり、同時に執筆でも精力的に活動した。上記の過程もあって、国民政府時代も『大公報』と国聞通訊社は順調に発展を続けた。胡政之は蔡元培や胡適にも特集欄での執筆を委ねるなど、記事の質の向上にも尽力している。 . . . 胡政之 . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部 […]

Continue Reading
JA

アベリー郡 (ノースカロライナ州)

エイヴリー郡 (英: Avery County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の西部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は17,797人であり、2000年の17,167人から3.7%増加した[1]。郡庁所在地はニューランド町(人口698人[2])であり、同郡で人口最大の町はバナーエルク町(人口1,028人[3])である。 ノースカロライナ州エイヴリー郡 ニューランド市にあるエイヴリー郡庁舎 郡のノースカロライナ州内の位置 州のアメリカ合衆国内の位置 設立 1911年 郡名の由来 ウェイトスティル・エイヴリー 郡庁所在地 ニューランド 面積 – 総面積 – 陸 – 水 640 km2 (247 mi2)614 km2 (237 mi2)0 km2 (0 mi2), 0.08% 人口 – (2010年) – 密度 17,797人 29人/km2 (75人/mi2) 標準時 東部: UTC-5/-4 ウェブサイト www.averycountync.gov . . . アベリー郡 (ノースカロライナ州) . . . エイヴリー郡 は1911年にコールドウェル郡、ミッチェル郡、ワタウガ郡のそれぞれ一部を合わせて設立された。郡名はアメリカ独立戦争時の大佐であり、ノースカロライナ州初代検事総長(在任1777年-1779年)を務めたウェイトスティル・エイヴリーに因んで名付けられた。州内では最後に設立された郡になっている。郡内で生産される大量のクリスマスツリーで知られている。 1989年にカート・ラッセルとケリー・マクギリスが出演した映画『冬の人々』はエイヴリー郡で撮影された[4]。 作家ビル・クリーバーの小説『ユリが咲く所』の映画版も郡内で撮影された。この映画はウィリアム・A・グラハムが監督し、ワタウガ郡のブーンとブローイングロック、エイヴリー郡のエルクパークとバナーエルクで撮影された。登場している子供達は地元の小学校児童である。 エイヴリー 郡は地域自治体の委員会であるハイカントリー自治体委員会のメンバーである。 エイヴリー 郡はフレーザーモミのクリスマスツリーの大量生産で全国に知られている。 リンビルの町中にある水流 アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は247平方マイル (640 km2)であり、このうち陸地247平方マイル (640 km2)、水域は0平方マイル (0 km2)で水域率は0.08%である[5]。 エイヴリー 郡はアパラチア山脈の中にあって、田園と山岳で覆われている。最高地点はグラッシーリッジ・ボールドであり、標高は6,165フィート […]

Continue Reading
JA

折坂悠太

折坂 悠太(おりさか ゆうた、1989年9月16日 – )は、鳥取県出身のシンガーソングライター[1]。 この記事には複数の問題があります。 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2019年6月) ほとんどまたは完全に一つの出典に頼っています。(2019年6月) 一次資料や記事主題の関係者による情報源に頼って書かれています。(2019年6月) 大言壮語的な記述になっています。(2019年6月) 音楽の特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。(2019年6月) マークアップをスタイルマニュアルに沿った形に修正する必要があります。(2019年6月)出典検索?: “折坂悠太” – ニュース ·書籍 ·スカラー ·CiNii ·J-STAGE ·NDL ·dlib.jp ·ジャパンサーチ ·TWL 折坂 悠太 生誕 (1989-09-16) 1989年9月16日(32歳)日本・鳥取県 出身地 日本・千葉県 ジャンル J-POP 職業 シンガーソングライター 担当楽器 ボーカル、ギター 活動期間 2013年 – 事務所 アミューズ 公式サイト orisakayuta.jp . . . 折坂悠太 . . . 1989年9月[2]、鳥取県で生まれ、千葉県で育つ。 父親の転勤に伴い、小学校3年生までの3年間をロシアで過ごすが、帰国後に不登校となり1年間自宅に引きこもる。小学校4年生より、千葉県柏市のフリースクールに通い始める[3]。 中学生になり、再び父親の転勤によりイランに2年間滞在し現地の日本人学校に通っていたが、帰国後に再び不登校となりフリースクールに通うようになる。その後、美術科の高校に進学するが中途退学し、再びフリースクールへ通うようになる。この頃、フリースクールの仲間とバンドを結成したのが音楽活動の始まりだという[4]。 2013年、はじめてフリースクール以外の場所の人前で自作曲を披露し、好評を得たため、自主制作ミニアルバムの制作に乗り出す。 2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表[1][5]。 2015年、レーベル「のろしレコード」の立ち上げに参加[1][5]。 2016年、自主1stアルバム『たむけ』をリリース[1][5]。8月11日、神田神保町「神保町 視聴室」にて1stフルアルバム『たむけ』発売記念のワンマンライブを初の合奏形態で開催[6]。 2017年2月24日、今泉力哉の監督作である映画『退屈な日々にさようならを』の公開記念ライヴ『退屈がはじまる夜に』にゲスト出演した[7]。8月18日、代官山「晴れたら空に豆まいて」にてワンマンライブを開催。チケットソールドアウト[8][5]。 2018年1月17日、EP『ざわめき』をリリース[9][5]。7月28日、「FUJI ROCK FESTIVAL 2018」に合奏で出演[10][11]。10月3日、アルバム『平成』をリリースする[9][5]。12月、『ミュージック・マガジン』(株式会社ミュージックマガジン)「ベストアルバム・2018」において日本のロック部門1位を受賞[12][13]。 2019年3月18日、アルバム『平成』が「第11回CDショップ大賞2019」において大賞受賞作品<青>を受賞[14]。3月29日に、シングル『抱擁』をリリース[15]。2019年7月クールのフジテレビ系月曜9時枠ドラマ『監察医 朝顔』主題歌を担当することが発表となり[16]、8月5日に同作主題歌『朝顔』をシングルリリース。同日にミュージックビデオを公開した[17]。11月3日「レコードの日」のイメージキャラクターを担当し、同日に『朝顔』7inchレコードをリリースした[18]。 2020年3月23日に梅田 […]

Continue Reading
JA

おニャン子Sailing夢工場’87LIVE

『おニャン子Sailing夢工場’87LIVE』(おニャンこ セイリング ゆめこうじょう エイティセブン ライヴ)は、おニャン子クラブのライブ・アルバム。1987年6月3日発売。発売元はキャニオンレコード。規格品番:C28A0574(LP)。本LPと同時にCBS・ソニーからCD(規格品番:32DH681)、EPIC・ソニーからカセットテープ(規格品番:28・6H-237)が発売された。 『おニャン子Sailing夢工場’87LIVE』 おニャン子クラブ の ライブ・アルバム リリース 1987年6月3日 録音 1987年4月4日 – 4月5日 ジャンル アイドル歌謡曲 時間 47分(LP) レーベル ポニーキャニオン(LP)CBS・ソニー(CD)EPIC・ソニー(CT) おニャン子クラブ アルバム 年表 家宝(1987年) おニャン子Sailing夢工場’87LIVE(1987年) Circle(1987年) テンプレートを表示 . . . おニャン子Sailing夢工場’87LIVE . . . 『おニャン子Sailing夢工場’87LIVE』が行われた国立代々木第一体育館 1985年に歌手デビューした女性アイドルグループ“おニャン子クラブ”が、1980年代に唯一発表したライブ・アルバム[1]。 1987年4月4日・5日に国立代々木第一体育館で開催されたコンサート「卒業記念 1987 おニャン子クラブSPRINGコンサート “おニャン子Sailing夢工場”」の実況録音盤となる。「卒業記念」とは、テレビ番組『夕やけニャンニャン』放送開始初期からおニャン子クラブ会員メンバーだった樹原亜紀(会員番号6番)、国生さゆり(8番)、内海和子(13番)、立見里歌(15番)、高井麻巳子(16番)の5名が同グループを卒業すること指す。また、高井と岩井由紀子(19番)によるユニット・うしろゆびさされ組も実質的に解散となった[2]。 ライブの詳細・日程・セットリストについては、項目『おニャン子クラブ#コンサート』内の項番4「卒業記念1987おニャン子クラブSPRINGコンサート “おニャン子Sailing・夢工場”」を参照のこと。なお、「NO MORE 恋愛ごっこ(#5)」「蒼いメモリーズ(#9)」「あんまりじゃない?〜恋なし子(#21)」「PINKのCHAO(#24)」「星屑の狙撃手(#27)」「技あり(#31)」「春一番が吹く頃(#35大阪公演)」の7曲は映像化・音源化共にされていない。 本アルバムは、キャニオンレコードから発売されたアナログレコード(LP)の他、コンパクトディスク(CD)・カセットテープ(CT)の計3形態で発売された。それぞれ収録曲目も異なっている。歌唱曲以外に、CBS・ソニーから発売されたCD盤に岩井由紀子と渡辺美奈代(29番)のおしゃべりが、EPIC・ソニーから発売されたカセットテープ盤には渡辺満里奈(36番)と生稲晃子(40番)のおしゃべりが収録されている。 LPサイズの写真集が予約特典として店頭で渡された。 ライブ映像作品『卒業記念SPRINGコンサート Sailing 夢工場』も1987年5月15日にVHSで発売されており、のちにDVD化もされた。なお、映像化されていて音源化されていない曲は、「流氷の手紙(#14)/城之内早苗」「かげろう(#19)/高井麻巳子」「私は里歌ちゃん(#22)/ニャンギラス~樹原亜紀・立見里歌・白石麻子」の3曲。 LP盤はのちに、デジタルリマスター音源CD-BOX『おニャン子クラブ大全集・下巻』(2005/7/6発売、PCCA-2153)のディスク4で初CD化された。さらに2008年9月17日には、特別なCDプレーヤーを購入することなく高音質再生が可能と喧伝されているハイ・クオリティCD仕様の『おニャン子クラブ大全集 for HiQualityCD 上・下巻 限定CD-BOX』(PCCA-50002)にも収められている。 […]

Continue Reading
JA

恋地獄

『恋地獄』(こいじごく)は、花房観音による日本のホラー小説・恋愛小説。文庫化に際して、『京都 恋地獄』と改題された。 恋地獄 著者 花房観音 イラスト 単行本:山田緑文庫版:加藤美紀 発行日 単行本:2013年10月19日文庫版:2016年5月25日 発行元 KADOKAWA ジャンル ホラー小説恋愛小説 国 日本 言語 日本語 形態 単行本:四六判上製本文庫版:文庫判 ページ数 単行本:224文庫版:224 公式サイト 単行本:株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|恋地獄文庫版:株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|京都 恋地獄 コード 単行本:ISBN 978-4-04-066053-0文庫版:ISBN 978-4-04-104106-2 ウィキポータル 文学 [ ウィキデータ項目を編集 ] テンプレートを表示 単行本は、2013年10月19日にKADOKAWA〈幽ブックス〉より書き下ろしで刊行された。文庫版は、2016年5月25日に角川文庫より刊行された。装丁は、単行本が名久井直子、文庫版が鈴木久美による。装画は、単行本が山田緑、文庫版が加藤美紀による。雑誌『ダ・ヴィンチ』2014年3月号の〈怪談 of the year 2013〉の第3位に選ばれている[1]。 著者の花房は、「これはわたしが書いた唯一の恋愛小説でもある」[2]「今、メディアに氾濫している恋愛やセックスの記事に対するアンチテーゼでもある」[3]と述べている。 . . . 恋地獄 . . . 小説家の鷹村妃は、京都市内の一軒家にひとりで住んでいる。彼女は以前、東京でマンションに住んでいた。鷹村は、自分の家の庭にある涸れ井戸の傍らに、小さな鳥居があるのを見つける。彼女の家は、小野篁が地獄に通ったとされる井戸がある六道珍皇寺や、地獄絵がある西福寺の近くにあり、かつて、その辺りは〈鳥辺野〉と呼ばれ、葬送の地であった。鷹村は、ブログに「私は幽霊が見たい」と書いていたこともあり、星野から〈幽霊の話〉を書くことを依頼され、星野とともに、ある大御所作家の〈墓守娘〉に会いに、〈蓮台野〉へ行くことになる。墓守娘は、霊が見えるのだという。 墓守娘の畑守は、自分が見えるもののことを鷹村なら書けるのではないか、と言う。畑守は、女の徴が来た15歳の頃から、「見えるようになったか」とよく両親からきかれたという。しかし、それまでと特に変わりはなかった。畑守は、18歳の頃、旅館の跡取り息子の勝介に惚れられ、2人で夜を過ごすような仲になる。しかし、すぐに2人の関係は終焉を迎え、勝介は石の鳥居で首を吊って死んでしまう。その後、畑守は、死者が見えるようになり、両親とともに墓守をするようになる。墓を掃除したり、花や線香を供えたり、死者と話をしたりするのが、墓守の仕事だという。畑守は、勝介も見えるようになった。 ある日、鷹村は、映画監督の一之瀬と京都へ行く。そこで、一之瀬は、自らの過去について話す。一之瀬の実家は、産婦人科の病院だった。一之瀬は、中学生の頃、看護師の片岡と夜をともにする。そのとき、一之瀬は片岡の背後で飛び交う〈黒いもの〉を目にする。一之瀬が大学生のとき、片岡はラブホテルで殺される。その片岡が、一之瀬の初の商業映画のラストシーンに映り込んでいる、という。 畑守は19歳のとき、舞鶴の寺の三男坊だという嘉太郎が婿に来てくれて、夜をともにする。そのとき、勝介が家の床の間にいたが、そのことは嘉太郎には言わなかった。畑守が21歳のとき、嘉太郎は勝介と同じように鳥居で首を吊る。勝介が嘉太郎を殺したんだ、と畑守は思ったという。畑守が30歳を過ぎた頃、七条の呉服屋の旦那と知り合う。旦那と夜をともにしたが、そのときも勝介が床の間にいたという。そして翌朝、今にも鳥居で首を吊ろうとしている旦那を見つけ、何とか阻止する。勝介が、畑守と結婚できなかった恨みをもって、旦那を殺そうとしたのだ、と畑守は考える。 ある夜、鷹村と一之瀬は、烏丸今出川へ向かう。赤レンガの校舎をもつ大学と1本の道路を隔てて存在している京都御苑を歩く。鷹村は一之瀬から、「焼身自殺があったために閉鎖されているというトイレがある」という話をきき、特に怖いとは思わなかったが、恋人同士の真似ごとがしたいがために、一之瀬の袖を引く。 . . . […]

Continue Reading
Back To Top