JA

MU-JO/愛しすぎる女/残心/赤い街

「MU-JO / 愛しすぎる女 / 残心 / 赤い街」(むじょう / あいしすぎるおんな / ざんしん / あかいまち)は、2013年10月23日に発売された八代亜紀の105枚目のシングルである[1]。 「MU-JO / 愛しすぎる女 / 残心/ 赤い街」 八代亜紀 の シングル リリース 2013年10月23日 レーベル 日本コロムビア 八代亜紀 シングル 年表 追憶の面影橋/五月雨の道(2012年) MU-JO / 愛しすぎる女 / 残心/ 赤い街(2013年) 心をつなぐ10円玉(2014年) テンプレートを表示 . . . MU-JO/愛しすぎる女/残心/赤い街 . . . 本作はクアトロA面シングルになっており、それぞれロック(MU-JO)、ジャズ(愛しすぎる女)、演歌(残心)、ポップス(赤い街)と多様なジャンルを多彩な作家が手がけている。 MU-JO 作詞:伊藤薫/作曲:M.Friedman/編曲:若草恵 愛しすぎる女 作詞:吉元由美/作編曲:クリヤ・マコト 残心 作詞:渡辺淳一/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路 赤い街 作詞:さくらももこ/作曲:松雪陽/編曲:小林信吾 MU-JO(アコースティック・バラード)(ボーナストラック) MU-JO(オリジナル・カラオケ) […]

Continue Reading
JA

ロバート・ディーン (第5代準男爵)

第5代準男爵サー・ロバート・ディーン(英語: Sir Robert Deane, 5th BaronetPC (Ire)、1707年 – 1770年2月7日)は、アイルランド王国の政治家。1757年から1770年までアイルランド庶民院議員を務めた[1]。 . . . ロバート・ディーン (第5代準男爵) . . . 第3代準男爵サー・マシュー・ディーンと妻ジェーン(Jane、旧姓シャープ(Sharp)、1732年6月6日没、ウィリアム・シャープの娘)の次男として、1707年にコーク県キルチャネック(Kilchaneck)で生まれた[1][2]。1721年7月15日にオックスフォード大学クライスト・チャーチに入学、1725年にB.A.の学位を修得した[3]。1721年にキングズ・インズ(英語版)に入学[3]、1737年にダブリンで弁護士資格免許を取得した[2]。 1751年6月に兄マシューが死去すると、準男爵位を継承した[2]。1757年から1768年までタロー選挙区(英語版)の、1769年から1770年までカリスフォート選挙区(英語版)の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた[1]。1768年1月9日、アイルランド枢密院(英語版)の枢密顧問官に任命された[2]。 1770年2月7日にダブリンのキルデア・ストリート(英語版)で死去、息子ロバート・ティルソンが爵位を継承した[2]。 . . . ロバート・ディーン (第5代準男爵) . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部 このテキストは「クリエイティブ・コモンズ-帰属-継承」[1]の下でライセンスされており、一部のテキストは「GNU Free DocumentationLicense」[2]の条件の下でもライセンスされています。 メディアファイルには追加の条件が適用される場合があります。 このサイトを使用することにより、私たちの法律ページに同意したことになります. Webリンク: [1] [2] . . . ロバート・ディーン (第5代準男爵) . . .

Continue Reading
JA

太田町 (福島市)

太田町(おおたまち)は、福島県福島市の町名。丁番を持たない単独町名である。郵便番号は960-8068[2]。 日本 >福島県 >福島市 >太田町 太田町 町丁 太田町 太田町の位置 北緯37度45分10.9秒東経140度27分24.8秒 国 日本 都道府県 福島県 市区町村 福島市 地域 中央西地域 人口 (2021年(令和3年)10月31日現在)[1]  • 合計 1,423人 等時帯 UTC+9 (JST) 郵便番号 960-8068[2] 市外局番 024[3] ナンバープレート 福島 . . . 太田町 (福島市) . . . 市の本庁所管にあたる中央西地域に属し、JR福島駅西口市街地の中央部に位置する。東西はJR東北本線から福島市道野田町1号線にかけての約600m、南北は福島市道太田町矢剣町4号線、矢剣町4号線から福島県道70号福島吾妻裏磐梯線(高湯街道)にかけての約550mの範囲を町域とする。北で三河南町、東で鉄道用地を町域とする栄町をはさみ早稲町、南東で五月町、南で矢剣町、南西で須川町、西で野田町一丁目と隣接する。上町に所在する 福島警察署及び天神町に所在する福島消防署のそれぞれ管轄にあたる。東北新幹線開通前後に町域内にあった昭栄製糸の工場跡地の再開発が行われ、イトーヨーカドー福島店が出店、シティホテルやビジネスホテルの立地も進み、駅西口市街地の中心となった。 旧来の信夫郡福島町の字用水北、用水南、雷神、阿弥陀堂、堂ノ前、下太田、上太田の一部、下河原の一部、道満塚の一部と、曾根田村字幽玄の一部、笹木野村字下江添の一部に当たる区域である。1937年7月に西隣の当時の信夫郡野田村と小面積の交換をし、境界の凹凸を整理したのちに三河北町、三河南町、矢剣町と共に設置され[4]、1964年に住居表示が実施され現在に至る。 2021年(令和3年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]。 町丁 世帯数 人口 太田町 821世帯 1423人 . . . 太田町 (福島市) . . . この記事はウェブサイトから発行されています […]

Continue Reading
JA

イン・コンサート1987—アビゲイル—

『イン・コンサート1987—アビゲイル—』(In Concert 1987: Abigail)は、デンマークのヘヴィメタル・バンド、キング・ダイアモンドが1987年に録音・1991年に発表したライブ・アルバム。 『イン・コンサート1987—アビゲイル—』 キング・ダイアモンド の ライブ・アルバム リリース 1991年 録音 1987年 ジャンル ヘヴィメタル 時間 52分52秒 レーベル ロードランナー・レコード プロデュース キング・ダイアモンド、ロベルト・ファルカン 専門評論家によるレビュー AllMusiclink キング・ダイアモンド アルバム 年表 ジ・アイ(1990年) イン・コンサート1987—アビゲイル—(1991年) ア・デンジャラス・ミーティング〜ザ・ベスト・オヴ・キング・ダイアモンド(1992年) テンプレートを表示 . . . イン・コンサート1987—アビゲイル— . . . バンドはアルバム『アビゲイル』(1987年)のプロモーションのため、1987年7月9日から9月5日まで北米ツアーを行い、同年11月19日から12月20日までのヨーロッパ・ツアーではスウェーデン、デンマーク、オランダ、ベルギー、ドイツ、イングランド、スイスで計26公演を行った[1]。本作はこのツアーにおける録音だが、具体的な録音年月日や公演地は明記されていない。オリジナル・メンバーの一人マイケル・デナーは、『アビゲイル』のレコーディング終了後にバンドを脱退しており、1987年のツアーではスウェーデン人ギタリストのマイケル・ムーンが代役を務めたが、その後ピート・ブラックが正式メンバーとして迎えられた[2]。収録曲のうち「カム・トゥ・ザ・サバス」は、マーシフル・フェイト時代の曲である[2]。 Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中2点を付け「コンサートにおける『アビゲイル』の再現は、スタジオ録音と比べてサウンドが貧弱で、特に熱狂的なファンだけに向けられたディスクである」と評している[3]。また、『CDジャーナル』のミニ・レビューでは「音の状態は、あまり良くないが、それが逆にオドロオドロしたバンドの特質を表現」と評されている[4]。 特記なき楽曲はキング・ダイアモンド作。 フューネラル – “Funeral” – 1:55 アライヴァル – “Arrival” – 5:47 カム・トゥ・ザ・サバス – “Come to […]

Continue Reading
JA

翡翠城市

『翡翠城市』(Jade City)はフォンダ・リーによる2007年のファンタジー小説[1]。同作は2018年の世界幻想文学大賞を受賞し[2]、グリーンボーン・サーガ三部作の第一作でもある。続編として2019年に Jade War が出版され、2021年11月30日に Jade Legacy が出版される予定である。 翡翠城市Jade City 著者 フォンダ・リー 訳者 大谷真弓 発行日 2017年11月7日 発行元 オービット・ブックス(英語版) ジャンル ファンタジー 国 アメリカ合衆国 言語 英語 形態 書籍、電子書籍 ページ数 560 次作 Jade War コード ISBN 978-0316440882(アメリカ) ISBN 978-4153350458(日本) [ ウィキデータ項目を編集 ] テンプレートを表示 . . . 翡翠城市 . . . リーはこの小説を「魔法とカンフーの『ゴッドファーザー』」で[3]、自身の武侠とギャング映画への愛情に触発されたと表現している。 標題の「翡翠の街」(’’Jade City’’)は、この小説の異世界設定でのケコン島の首都、ジャンルーンのニックネームである。リーがこの設定がより一般的なアジアに触発されたものであることを示唆し、ケコンは「香港でも、台湾でも、日本でも、中国でも、それ以外のどんな場所でも」ないと述べたにも関わらず、あるレビュアーはケコンを「20世紀中葉の香港のアナログ」と解説した[4]。リーはこの小説のゴールの一つは「異なる文化設定と時代」の「陰謀と政治と高貴な家の成員の衝突」を取り上げた「中世ヨーロッパ以外を舞台としたエピック・ファンタージを書くこと」と述べている[5]。 『翡翠城市』の出来事は、第二次世界大戦に大雑把には類似した紛争である多国大戦後の、国家解放運動の一つである「一山会」がケコンへの外国人の占領を阻止するために戦って成功した時代から1世代後のことである。戦後、国際貿易にケコンを解放するかどうかの議論は、一山会を複数の対立する組織に分裂させ、もっとも強力な組織がアイト家に率いられる孤立主義者の山岳会と、コール家に率いられる国際派の無峰会となった。 組織の構成は『ゴッドファーザー』作中の犯罪ファミリーに、コルレオーネ・ファミリーがドン(英語版)、副首領(英語版)、相談役(英語版)を有するように、組織では、、が存在する形で類似している。は組織の頂点であり、が実働部隊を率い、が実業活動に責任を持っている。 はマフィアのカポレジーム(英語版)とソルダード(英語版)の関係のようにそれぞれが数名のを指揮するたちを監督している。マフィアと異なる点としては、が商業地区にと呼ばれる組織のメンバーによる事務所を構えていることである。 一家には属していないが組織の一部なのが、解放運動に協力した民間人の経営者であるである。戦後、彼らは犯罪者や、訓練を受けていない翡翠使いからの保護と見返りに組織に献金を始めた。 翡翠を身につけた組織のメンバーはグリーンボーンとして知られている。彼らは特別な状況以外では敵方の翡翠を身につけていないメンバーを殺すことを防止する『アイショの掟』で統制されている(翡翠を身につけていない組織の情報提供者はして知られており、に違反することなく殺すことができる)。 . . […]

Continue Reading
JA

Standards4

『Standards4』(スタンダーズフォー)は中西保志5枚目のカバー・アルバム。[1][2] 『Standards4』 中西保志 の カバー・アルバム リリース 2010年10月6日 ジャンル ポップス 時間 63分50秒 レーベル JAPAN RECORDS 中西保志 アルバム 年表 メロディーズ(2008年) Standards4(2010年) バラッズ〜ベスト・オブ・スタンダーズ(2011年) テンプレートを表示 2010年10月6日発売。発売元は徳間ジャパンコミュニケーションズ。 . . . Standards4 . . . 未来予想図II(5:54)作詞・作曲:吉田美和 壊れかけのRadio(4:57)作詞・作曲:德永英明 シルエット・ロマンス(4:53)作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 悲しみは雪のように(5:28)作詞・作曲:浜田省吾 どんなときも。(4:32)作詞・作曲:槇原敬之 あなたに逢いたくて~Missing You~(5:47)作詞:松田聖子 作曲:松田聖子/小倉良 M(5:06)作詞:富田京子 作曲:奥居香 時代(4:27)作詞・作曲:中島みゆき 恋の予感(5:04)作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二 PRIDE(5:22)作詞・作曲:布袋寅泰 GET BACK IN LOVE(4:29)作詞・作曲:山下達郎 卒業写真(4:10)作詞・作曲:荒井由実 THE CHRISTMAS SONG(3:41)ボーナス・トラック [脚注の使い方] “中西保志/スタンダーズ4” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 2021年11月10日閲覧。 “中西保志/スタンダーズ 4”. […]

Continue Reading
JA

各務原市東亜町会館

各務原市東亜町会館(かかみがはらしとうあちょうかいかん)は、岐阜県各務原市にある各務原市の公共施設。 各務原市東亜町会館 画像をアップロード 情報 用途 産業振興 管理運営 各務原市 延床面積 1,049 m² 階数 地上2階 竣工 1970年(昭和45年) 所在地 〒504-0022岐阜県各務原市那加東亜町106 テンプレートを表示 . . . 各務原市東亜町会館 . . . 1970年(昭和45年)開館。所在地は旧・稲葉郡那加町役場跡である。 各務原市産業会館の一つである[1]。 大会議室 各務原市地域職業相談室(シティハローワーク各務原) 公益社団法人各務原市シルバー人材センター 各務原市生涯現役促進協議会 各務原かかみのロータリークラブ 住所:岐阜県各務原市那加東亜町106 開館時間:9:00~21:00 休館日:年末年始(12月29日~1月3日) 名鉄各務原線市民公園前駅下車、徒歩約5分。 名鉄各務原線新那加駅下車、徒歩約7分。 JR高山本線那加駅下車、徒歩約5分。 岐阜県立各務原西高等学校 各務原市立那加中学校 各務原市立那加第二小学校 各務原市立各務原特別支援学校 各務原市医師会准看護学校 各務原勤労会館 各務原市那加福祉センター 各務原市立中央図書館 各務原市民公園 市民公園前駅 新那加駅 那加駅 各務原市産業会館条例 施設案内各務原市東亜町会館 – 各務原市 各務原市地域職業相談室(シティハローワーク各務原) . […]

Continue Reading
JA

中谷良作

中谷 良作(なかや りょうさく、1932年(昭和7年)6月2日[1] – )は、日本の政治家。元静岡県天竜市長(4期)。 . . . 中谷良作 . . . 静岡県磐田郡光明村(のち二俣町→天竜市、現・浜松市)出身。地元の光明中学校(現在、廃校)卒業後、光明村役場に入り[1]、光明村合併後は二俣町役場に勤務[1]。その後、天竜市役所勤務となり[1]、福祉事務所長、秘書課長、総務部長、助役を経て、1992年、天竜市長に当選した[1]。市長は浜松市に合併されるまでの2005年まで4期務めた。 市長退任後の2006年、孫の推薦入試を巡り、在籍していた高校の校長に現金などを渡したとして贈賄の容疑で逮捕された。2008年に浜松簡裁で罰金刑が言い渡された。その後、「自白は虚偽」だったと再審を請求している[2]。 [脚注の使い方] 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』391頁。 元天竜市長が再審請求 浜松簡裁に意見書 中日新聞2020年10月17日2021年11月26日閲覧。 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。 表 話 編 歴 静岡県天竜市長 公選 熊村昌一郎1958.11.3-1980.11.7 本多直彦1980.11.8-1992.11.7 中谷良作1992.11.8-2005.6.30(廃止) . . . 中谷良作 . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部 このテキストは「クリエイティブ・コモンズ-帰属-継承」[1]の下でライセンスされており、一部のテキストは「GNU Free DocumentationLicense」[2]の条件の下でもライセンスされています。 メディアファイルには追加の条件が適用される場合があります。 このサイトを使用することにより、私たちの法律ページに同意したことになります. Webリンク: [1] [2] . . . […]

Continue Reading
JA

ジョン・フィッツパトリック (初代カースルタウン男爵)

初代カースルタウン男爵ジョン・ウィルソン・フィッツパトリック(英語: John Wilson FitzPatrick, 1st Baron CastletownPC (Ire)、出生名ジョン・ウィルソン(John Wilson)、1811年9月23日 – 1883年1月22日)は、イギリスの政治家、貴族。自由党に所属し、庶民院議員(在任:1837年 – 1841年、1847年 – 1852年、1865年 – 1869年)を務めた[1]。 . . . ジョン・フィッツパトリック (初代カースルタウン男爵) . . . 第2代アッパー・オソリー伯爵ジョン・フィッツパトリックの庶子として、1811年9月23日にロンドンで生まれた[1][2]。出生名はジョン・ウィルソンであり、1842年2月12日に女王の認可状を得て姓をフィッツパトリックに変えた[1]。1818年2月1日に父が嫡子のないまま死去すると、クイーンズ・カウンティ(現リーシュ県)におけるグランツトン・マナー(Grantstown Manor)とリスダフ(Lisduff)、ノーサンプトンシャーにおけるグラフトン・アンダーウッド(英語版)の領地を継承した[1]。イートン・カレッジで教育を受けた[1]。 1826年5月20日、エンサイン(英語版)(歩兵少尉)としての辞令を購入して、第85歩兵連隊(英語版)に配属された[3]。1827年6月26日に中尉としての辞令を購入したが、所属連隊なしとなった[4]。一時は半給になったが、1829年8月18日に半給状態が解除された[5]。 1836年にクイーンズ・カウンティ県長官(英語版)を務めた後、1837年から1841年まで、1847年から1852年まで、1865年から1869年までの3度にわたりクイーンズ・カウンティ選挙区(英語版)の代表として庶民院議員を務めた[1]。議会では自由党に所属した[1]。 1848年1月28日にアイルランド枢密院(英語版)の枢密顧問官に任命された[1]。1855年11月17日にクイーンズ・カウンティ統監(英語版)に任命され、1883年に死去するまで務めた[6]。1869年12月10日、連合王国貴族であるクイーンズ・カウンティにおけるアッパー・オソリーのカースルタウン男爵に叙された[1][7]。 1883年1月22日にメイフェアのハートフォード・ストリート32号(32 Hertford Street)で死去、25日にノーサンプトンシャーのグラフトン・アンダーウッド(英語版)で埋葬された[1]。息子バーナード・エドワード・バーナビー(英語版)が爵位を継承した[1]。 1883年時点の所領はサセックスにおける633エーカーとクイーンズ・カウンティにおける22,510エーカーであり、合計で年収15,758ポンド相当だった[1]。 . . . ジョン・フィッツパトリック (初代カースルタウン男爵) . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部 このテキストは「クリエイティブ・コモンズ-帰属-継承」[1]の下でライセンスされており、一部のテキストは「GNU Free DocumentationLicense」[2]の条件の下でもライセンスされています。 メディアファイルには追加の条件が適用される場合があります。 このサイトを使用することにより、私たちの法律ページに同意したことになります. Webリンク: [1] [2] . […]

Continue Reading
JA

村上祐章

村上 祐章(むらかみ ゆうしょう、1977年 – )は、日本の投資家。 むらかみ ゆうしょう 村上 祐章 東京スターラジオ「廃墟不動産投資家の俺よりもすごい奴に会いに行く旅」収録現場にて 生誕 日本・京都府 国籍 日本 職業 廃墟不動産投資家 . . . 村上祐章 . . . 1977年、京都府に生まれる[1]。1999年に同志社大学法学部を卒業[1]。卒業後は起業するなどし、成功と失敗を繰り返す[1]。 2007年に友人の起業の手伝いでポスティングをしていたときに空き家が多すぎることに気づき、空き家を有効活用する方法を考えるようになる[1]。その後「廃墟不動産投資」の手法を考案し、2013年にブログを開設[1]。2015年6月には著書「常識破りの『空き家不動産』投資術」を出版し、ビジネス誌やテレビなどに出演するようになる[1]。 空き家となっている物件を安く借り上げ、ほとんど手を加えずに第三者に貸し出す投資法[2][3][4]。購入せずにリフォームもしない手法であり、考案者の村上は「特別な能力や専門知識が必要ないこと」「少ない元手で家賃収入を得られること」をメリットとして挙げている[5]。空き家という性質上、廃墟同然の建物も多いため、名称として「廃墟」を用いている[2]。 . . . 村上祐章 . . . この記事はウェブサイトから発行されています Wikipedia. 元の記事は少し短縮または変更されている可能性があります。 一部 このテキストは「クリエイティブ・コモンズ-帰属-継承」[1]の下でライセンスされており、一部のテキストは「GNU Free DocumentationLicense」[2]の条件の下でもライセンスされています。 メディアファイルには追加の条件が適用される場合があります。 このサイトを使用することにより、私たちの法律ページに同意したことになります. Webリンク: [1] [2] . . . 村上祐章 . . .

Continue Reading
Back To Top